FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

★ Chapter1:例文1.1.4 の巻

<1.1.4>
The element radium, discovered by the Curies, is...

これもSMV構造。あるいはもうすこし詳細には、S pp V構造。
byのおかげでdiscoveredの「動作ベクトル(不適切な用語かも
しれないが)」が左をむいている(「能動ベクトル」ではなく
「受動ベクトル」になっている)と感じられるため過去分詞
らしいということになり、isという「動詞以外のなにものでも
ないもの」が出たところで「やはり、S pp V構造だったな」
ということになる。

ところで、上の英文のdiscovered by the Curiesのところは、
「分詞の形容詞用法」なのか「分詞構文(=副詞句)」なのか、
私の英語力では自信がもてないので、うやむやにしておきたい。
どちらであってもdiscoveredの意味上の主語がThe element
radiumになってしまう(「N pp構造」のppの「意味上の主語」は
被修飾語であるNだし、分詞構文の「意味上の主語」は原則的には
主節の主語である)今回のようなケースでは、解釈上の頼りは
「訳した時の自然さ」と「コンマの有無」ということになるのだ
ろうけど、その「コンマについての文法規則」について私は自信
を持てないでいるのだ。コンマについては恣意的な使い方をする
書き手もいるような気がするし、厳密な文法ルールがあるのかど
うかよくわからない(断言できる規則として、「(等位/従属)
接続詞・関係詞・疑問詞の直後のコンマは、<挿入・副詞要素>
の目印」という規則があるが、いずれ触れたい)。

たしかに、「分詞構文の前や後ろにはコンマを打つのが原則」で
あるだろう(He returned home tired「彼は疲れて帰宅した」の
tiredのような「コンマなし独り分詞構文」もあるにはある/
「第1文型に補語を添加することがある」という捕え方も可能
だろう)。しかし「コンマがあるから絶対分詞構文!!」と
言っていいのか、というとわからなくなる。分詞の形容詞用法
が後から名詞にかかる「N pp構造」においてコンマを打つことは
絶対にないのか。あるとして、、、それは厳密な規則に基づいて
いるのか、「コンマがあったほうが読みやすいよね」という筆者
の好意による恣意的なものなのか。このあたりのことはほとんど
知らないまま放置してきてしまっている。


<以下は、なにをいっているかわけがわからないかもしれない
が、あまり気にしないでほしい。読んでくださった方が以下の
文章から悪影響を受けると申し訳ないので、これからずらずら
と書くことは、「正しい解説/間違った解説」という判断とは
ほぼ無関係の、わたしの頭の中での独り問答を書いてみている
にすぎない、ということをお断りしておきたい。>


そういえば、関係詞節が後から名詞にかかる「<N+関係詞節>
構造」においては、先行詞の後のコンマで制限用法/非制限用法
の区別をするが、このコンマ規則がそのまま「N pp構造」にも
適用されるということがあったりするだろうか。もしそうである
なら、今回の例文のdiscovered by the Curiesが「分詞の形容詞
用法」であるとしても、「制限効果(シボリコミ効果)を解除
するための、非制限コンマ」が必要だったことになるだろう。
制限効果が発揮されてしまうと、「キュリー夫妻によって発見
されたラジウム元素」と「そうでないラジウム元素」があること
になってしまうので。もし「そんな規則はN pp構造には適用され
ない!!」のだとしても、「N pp構造にも<制限/非制限>の
峻別をするためのコンマ打ちをするのが合理的だと私は思うし、
文章を書く時は実行している。たとえ、そのせいで場合によって
は分詞構文だと誤読をする読者が出てしまうとしてもね。。。」
という信条をひそかに持っている書き手が世界のあちらこちらに
いる可能性は否定できないのでないか。

ずらずらと書いてみたが、実の所、このあたりのことを書くのは
なんとも恐いのだ。というのは、私は関係詞の制限/非制限の
区別すらもうひとつ自信がないという具合なので。。。

★ Chapter1:1.1.4の前ふりの解説文中の例文 の巻

The Prime Minister´s decision [ to resign ] was...

ここで「SMV構造」の例文にもどった。今回はMが不定詞になって
いる。あるいは、「N to-構造」のNが主語になっている、という
見方も可能だろう。全体を「S -ing V構造」と呼んでもいいが、
あまり意味はないかもしれない。



The girl [ called Betty ] was walking...

これも「SMV構造」の例文。この例文ではMが過去分詞になって
いる。あるいは、「N pp構造」のNが主語になっている、という
見方も可能だろう。全体を「S pp V(エスピーピーブイ)構造」
と呼んでおくのもいいかもしれない。「S -ing V構造」という
用語と違って、この「S pp V構造」という用語は役に立つかも
しれない。「S pp V構造」、なぜこの構造に注意を払っておく
ことが大事かというと、「ppを過去形のVだと誤読するリスクがつ
きまとう危険な構造」だから(Sの直後の-edを見た段階ではVだと
暫定判断するのが当然であり、少なくとも一瞬は、ほぼだれもが
「誤読」するだろう)。

「S pp V構造」にかぎらず、「分詞というのは誤読の可能性が
常につきまとう」という認識を持っておくといいと思う。
「現在分詞は、動名詞と誤読するリスクがある」
(見た目が同じだから)
「過去分詞は、過去形の動詞と誤読するリスクがある」
(見た目が同じだから/規則変化の場合)

ついでに、下のせりふを唱えておくといいだろう。
「-ing(アイエンジー)は、動名詞か現在分詞/
-ed(イーディー)は、過去形か過去分詞」

追記

不定詞も、toがない場合は、動詞と誤読するリスクがあると言え
ばあるが、前から読みすすめている限りは「原形不定詞(toなし
不定詞)を動詞だと思い込んでしまった」という事故はあまり
おきないような気がする。ただ、注意しておくべきは、
「第3文型のhelpの後で、不定詞のtoが省略されるケース」。
help to -(-は原形動詞を表す)のtoが省略されると(書き手
の任意らしい)、<help ->となるが、
「一見動詞が2コ連続しているように見える」ので、
あらかじめ知らないときょどってしまうだろう。
私自身、受験生のころ模試を受けている時に、
<help+原形不定詞>を見てきょどったのを記憶している。
第5文型の場合は、べつにtoが省略されていようが、
ネクサスの呼吸に慣れていればどうということはない。

下の表をながめておくといいかもしれない。
3 help (to) -   「~するのを助ける」
5 help 人 (to) - 「~が~するのを助ける」
(helpの後に「人」と書いておいたが、「人」じゃないことが
あっても、なるべく怒らないでほしいと思う)

★ Chapter1:p.2の参考コーナーの例文 の巻

<参考>
The want of time you will feel...

「参考」のコーナーに、この英文を置いたのは、
例文1.1.3に続いて、「主語に関する文頭での暫定判断が
間違っていることになるケース」の例文を、もうひとつ読者に
お見舞いするためだろう。

The want of time(厳密にはwant)という文頭の名詞に対して
you will feelという SVがコンマなしで続いているので、
「関係代名詞の省略」を検討する所だが
(『解釈教室』p.118参照/『ビジュアル英文解釈』のルール6/
『ルールとパターンの英文解釈』のルール7)、その解釈だと
主節の動詞がないことになるので、OSVに解釈を変更する。

「NSV構造」を見たら、「関係代名詞の省略」だけでなく「OSV/
OSVC」も可能性として浮かべるようにしておくといいだろう。
「後に目的語のない(ように見える)他動詞か前置詞がある」と
いう点では、実はどちらの場合でも同じである、ということにも
注目しておいてほしい(伊藤先生のルールの「それが正しい
ことになる」という文言の揚げ足とりをしているようで恐縮
だけど)。なお、「関係代名詞の省略」の方が「OSV/OSVC」より
も頻度の面では圧倒的に上なので、「NSV構造」を見たら、
まずは「関係代名詞の省略」を浮かべて、どうもおかしい場合に
「OSV/OSVC」を検討するという感覚でいるといいと思う。

なお、この例文の後半のevery yearは、例の
「副詞的目的格」あるいは「名詞の副詞用法」。

★ Chapter1:例文1.1.3 の巻

<1.1.3>
One...morning, a great many years ago,
five or six young men met...

One fine spring morning は、名詞のくせに、主節の動詞に
かかる副詞の働きをしている。このような名詞について、
『解釈教室』の解説の中で「副詞的目的格」という文法用語が
紹介されているが、むずかしそうだと感じる人が多い用語かも
しれない。「副詞的」という部分は「副詞のような働きをする
から」ということでわかりやすいが、「目的格」と呼ぶのはなぜ
か。真相は知らないが、「理論上想定される目に見えない前置詞
の目的語の位置にいる名詞なのだから、理論上この名詞は目的格
のはずだ」という考えからのことだと思う。『解釈教室』の112
ページに、副詞的目的格の簡潔な例文があるので見ておくといい
だろう(同書2ページの「→6-4」という指示は少しわかりにくい
と思うけど、112ページのChapter6の(4)を指している)。

なお、この用法の名詞を説明するときに、「副詞的目的格」とい
う文法用語は使わずに、「名詞の副詞(的)用法」という用語を
使う人も多いと思う。この呼び方をしておくと、「名詞の形容詞
用法」(<population growth 人口増加>のpopulationが一例。
名詞のくせに、後ろの名詞を修飾している。)という文法用語と
のつりあいもいいし。私自身はどちらの用語も授業中に説明する
ようにしていたけど、ふだんは「名詞の副詞用法」と呼ぶことが
多かったと思う。

さて、Chatper1の3つ目の例文となるこの位置にこの英文を
載せた筆者伊藤先生の意図はいかに。
あなたはこう思われたかもしれない。
「おかしい、、、おかしいぞ。このChapter1の(1)と(2)では
(わかりにくくても、こういう書き方しかできないのは、「わか
りやすい呼び名がないから」。「セクション1」とか「第2部」
とか、「呼び名」があった方がなにかと便利。)、S...V(「エス
てんてんてんブイ」だと呼びにくいから「エスエムブイ」と呼ぶ
ことをすすめたい)がテーマのはずなのに、なぜこの位置にいき
なりMSV構造(詳細にはMMSV構造)の例文を置いたのだろう。。。
なぜだ。。。」

この位置にこのMSV構造の例文を置いた理由は
おそらく以下のようなことであると思う。
(「もったいつけて書くまでもないほど明白なことだ」
といわれれば、そのとおりなんだけど)

『解釈教室』2ページの冒頭の太字部分で、伊藤先生は、
「文頭の前置詞のついていない名詞を主語と暫定(ざんてい)
判断した上で動詞を探していく」ことを英文解釈の基本方針とし
て説かれた。そして例文1.1.1と1.1.2で、「主語に関する文頭で
の暫定判断が正しいことになるケース」を扱った。そして、
そろそろこの辺りで、「主語に関する文頭での暫定判断が間違っ
ていることになるケース」を見せるべきだと思われたのだろう。
そこで使われたのが、このOne fine spring morningではじまる
例文だったのである。ここで、たとえばIn the houseのような、
前置詞ではじまる例文がくることはありえないのだ。なぜなら、
ここでの伊藤先生の意図は、決して「MSV構造の例文を読者に示す
こと」ではないのだから。あくまで、「文頭の名詞要素が実は
主語ではないことが後ではっきりする例文」を示す必要がある。
そのためには、<前置詞のついていない名詞>が文頭にある例文
でないと意味がないのだ。

★ Chapter1:例文1.1.2 の巻

<1.1.2>
Anyone [ having difficulty in... ] may have...

また出た。。。「SMV構造」。
主語と動詞の間にM(修飾要素/modifierの頭文字)が割って入る
形。今回はMが「現在分詞の形容詞用法」になっている。

(ここから先は半分冗談で書くので、あまり気にしないでいい)

ここで視点をもうすこしミクロ的にして、
Anyone [ having... の部分のことを、
「N -ing(エヌアイエヌジー)構造」と呼んでみるのも面白い
かもしれないが、得することはないかもしれない(「N」は
「名詞」のこと/nounの頭文字)。

被修飾語の後に修飾語が置かれることを「後置修飾」といったり
するが、名詞に対する形容詞的修飾要素の後置修飾のパターンの
ひとつが、
「N -ing(エヌアイエヌジー)構造」。
「N pp(エヌピーピー)構造」というのもあるだろうし、
「N to-(エヌトゥー)構造」というのもあるだろうし、
「N K(エヌケー)構造」もあるだろう。
(「K」は「形容詞」のつもり/keiyoushiの頭文字)

(あなたのこころの声)
『まてよ、1.1.1の例文のThe freshness [ of...も、
名詞に対する修飾要素の後置修飾だが、
これに呼び名をつけるとしたら、、、どうするのだ。。。』

「NZN(エヌゼットン)構造」と呼べばいいではないか。
なお、「ZN(ゼットン)」とは、
「前置詞(zenchishi)+名詞(noun)」のことである。
(初代ウルトラマンにでてくる同名の怪獣を思い出すと覚え
やすいかもしれない)

いくらなんでもこんな文法用語はふざけすぎだ、と抵抗を感じる
ようであれば、
「N分詞構造」
「N不定詞構造」
「N形容詞構造」(N形容詞節構造もある/<N+関係詞節>)
「N前置詞句構造」
などと呼ぶのもいいかもしれない。
呼ばなくてもいいけど。。。
こんなのは、必須でもなんでもない趣味的用語にすぎない。

あと、付け加えておくと、
N,N構造(同格)
N 名詞節構造(同格) も、
「名詞に対する後置修飾」の一例といえばそうかもしれない。


<お詫びと訂正>

ミスがあったことに気付いたので訂正。すぐ上のところで
「N,名詞節構造(同格)」と書いていたのだけど、
「名詞の後に同格名詞節を置くときは間にコンマは打たない」
のが実際であるから、コンマを消しておいた。「同格名詞節の前
にコンマを打つ人はいないのか」と言われると、私の英語力では
「ほとんどいないのではないだろうか」位のことしか言えない。
『解釈教室』49ページの例文3.3.4 の<...this, that SV> が
気になるといえばなる(これを同格の一種とみなすかどうかも、
意見がわかれるかもしれないけど)。

今回のミス訂正のお知らせを書きはじめてから少しして、
「やばい」と感じた。なぜやばいと思ったのかというと、
「N 名詞節構造(同格)」のコンマに言及してしまうからには、
「N,N構造」の「コンマがないケース」についても言及する必要が
生じてしまったと感じたからである。これについては、きちんと
整理しようとしたことがこれまでなく、自信を持って何かを言う
ことはできないが、President Kennedy(ケネディ大統領)とか
Uncle Tom(トムおじさん)などの「役割をあらわす名詞+
固有名詞」の場合、コンマをうたない<NN>の形で同格と
なるようである(なお、固有名詞の前の役割名詞は、原則
<無冠詞>、らしい)。いや、同格なのかどうかも、意見が
別れるかも。左側の名詞を「名詞の形容詞用法」と考えること
も可能かもしれない気がしてきたが、よくわからない(「同格」
「名詞の形容詞用法」それぞれについて、左右の名詞の関係性を
吟味すべきところなのだろうけど、その気力がない)。

★ Chapter1:例文1.1.1 の巻

<1.1.1>
The freshness [ of a bright May morning... ] had its...

でた。「SMV(エスエムブイ)構造」。

そう呼んだからと言って、何の得になるのかいぶかしげに思う人
もいるかもしれない。しかし、そのうち、呼び名を持つことの
効果を実感することになるだろう。

さて、形容詞句を大括弧でラフに囲うなら、上の英文にすでに
書き込んでおいたようになる。
もし詳細に書き込むなら、
The freshness [ of...morning [ in...suburb [of Paris] ] ] had...
となるが、そこまでこだわるのがいいのか、
ラフにいくのがいいのかは難しい問題。

はじめに

このたび、『英文解釈教室』(研究社)の解説をしてみるブログ
をはじめてみることにした。あまり力をいれて書くと膨大な時間
がかかりそうなので、ラフにいこうと思う。体系的な解説をする
こと(たとえば仮定法の英文が出てきた時に仮定法について私な
りに一から講議するとか)はほとんどせず、その場その場で適当
なことを言うだけに終わる可能性が高いけど、『英文解釈教室』
をお持ちの方がそこそこ楽しめる内容になればと思う。

このブログにおける解説の一番の特徴は、おそらく
「構文名や文法用語の重視」ということになると思う。
「分詞構文」とか「強調構文」とか、一般的な名称がある時は
<なるべく>それを使うことにするとして、
問題は一般的な名称がない場合である。この場合は、
かってにつくった構文名とか文法用語を使うことにしたい。
なぜそうするかというと、「名称がないものは、
名称があるものよりも、認識しにくい」から。
いまひとつ気にいらない呼び名が出てきた時は、
ご自身ですきな名称を考えてみるのもいいかもしれない。

なお、このブログでは『英文解釈教室』の中の短文のみを扱い、
「例題」については触れないで進むことをお断りしておきたい。
あと、著作権の問題が心配なので、英文を表記する時には、
すくなくとも当面は文の一部しか書かないことにしたい。


注意1:

このブログで使う記号について、いちおう書いておきたい。
覚える気がしないのは分かるけど、なるべく覚えてほしい。
名詞節、形容詞節、副詞節を記号で囲う場合は、
「名詞節は四角、形容詞節は大括弧、副詞節は小括弧」とする。
(同様に、名詞句、形容詞句、副詞句を記号で囲う場合は、
「名詞句は四角、形容詞句は大括弧、副詞句は小括弧」とする)

と、書いていたのだけど、四角をブログ上で書くのは困難なので
【 】を四角記号の代用記号としたい(できれば四角というか
長方形で囲う方が視認性が格段にアップするのだけども)。


注意2:

『英文解釈教室(改訂版)』は、比較的むずかしい英文が載って
いる参考書で、万人におすすめできるものではないという面が
ある。むかし私は、「代ゼミ(あくまで一例)の全国模試で
偏差値70(非常に感覚的な数字でたいした根拠はない)に達し
ていない内は、やめたほうがいいと思う」と授業中に発言して
いた時期があったけど、相性がよければ偏差値60台の方でも
攻略可能かもしれない。一般に「あまりにもむずかしすぎ
る!!」という意見が非常に多い本だけど、実際には「同書中の
英文の多くは、激怒する人がいて当然の非現実的な難易度、
ではない」し、「こんなの今の入試には出ない!!」という
意見も非常に多いけど、実際には「(入試問題に限らず)英語を
読んでいてふつうに見かける構文が大部分で、激レアな構文は
同書の中の一部にすぎない」と思う。また、「もし受験生の時に
挑戦してみて挫折したとしても、英語を勉強している限りいずれ
はやるべき本だと思うので、大学入学以降も英語を勉強する
つもりの人は、買っておいても損はない」という気がする。とは
いえ、「ぜひ買いなさい!!ぜひとりくみなさい!!!」と言う
つもりもない。受験生を前にしたとき、「神がかった良書である
ことは確信しているが、すすめていいものかどうか、、、」
という葛藤がつきまとう本であることは確かなのだ。。。


注意3:

ああだこうだといっているけど、このブログは、英語力自体の
面でかなり問題を抱えている著者が書いていることをお断りして
おきたい(今後じょじょに英語力が向上するといいのだけど、
気力がどうも)。なにか明らかに間違ったことを書いてしまった
ことが判明したら、あとから訂正するようにしたい。いや、
それよりなにより、短期間で「もうやめた」と言い出す可能性も
多いにあるということもあらかじめお断りしておきたい。また、
やめないまでも、更新が長期間とどこおることが頻繁にあるかも
しれない。あまり期待せず、おもしろ半分で読んでいただければ
と思う。


予告:

このブログ中のあらゆる文章は、あとで何度も書き直すかも
(おお!!このひとことを書いておけばよかったのか!!
これでアップロード前に延々と推敲をする苦痛が軽減するかも)



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.

« BACK | HOME |