FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

★ Chapter1:例文1.4.3 の巻

【Driving (in the...country) (on a...day) 】is
more pleasant than...


文頭に-Ing (Iが大文字なのは妙だけど、-を大文字にするのが
無理なので)がある時は、「-Ing V(アイエンジーブイ)構造」
と「-Ing SV(アイエンジーエスブイ)構造」の可能性を考える。
(ここも、伊藤先生の解説ほとんどそのままにならざるを得ない
ところで恐縮だけど、苦し紛れに呼び名を付けてみた)

「-Ing V構造なら、動名詞で主語/-Ing SV構造なら、現在分詞
で分詞構文」と唱えておくのもいいけど、長すぎるので、
「-Ing V構造なら、動名詞/-Ing SV構造なら、分詞構文」と
唱える方がいいかも。いや、これでも長すぎて嫌かもしれない。
理屈を理解した上で、「-Ing V構造/-Ing SV構造」と唱えて
おけば十分、という気もする。もう少し視覚的に把握しやすく
書くと、「【-Ing... 】V構造/(-Ing...) SV構造」となる。

さて、今回の英文では、「【-Ing... 】V構造」になっており、
Drivingは(第1文型の)動名詞。蛇足ながら、もしも、
「相関構文に波線を引きたい!!!」という方がおられたら、
more とthanに引いておこう。


注意

「文頭の-Ingには他にもいろいろ可能性がある」のだが、
さほど意識しておかなくてもいい気はする。
Barking dogs seldom bite.(ほえる犬はめったにかまない)の
場合は、「分詞の形容詞用法(限定用法)」が文頭にきて後ろの
名詞にかかっている。また、「分詞の形容詞用法(叙述用法)」
が倒置で文頭に来ることもあるだろう。他にもくだらない例を
追加すると前置詞のDuring等も「文頭-Ing」になりうるだろう。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


スポンサーサイト



| HOME |