FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ Chapter3:3.2.9の前ふりの解説文中の例文 の巻

He persuaded me that it was true.
He persuaded me of its truth.

かいせつはあとで。












スポンサーサイト

★ Chapter3:例文3.2.8 の巻

The English people were very eager that the Queen should
marry and leave an heir to the throne.


were very eager that...は、「形容詞eagerがthat節を目的語に
取っている」という見方をする方もおられるだろう。「形容詞が
目的語を取る、という言い方がどうもいやだ!!」という方は、
「were eagerが擬似他動詞で、that節を目的語に取っている」と
いう解釈をするのもいいかもしれない。

あるいは、「that節は前置詞句対応that節で、目に見えない
前置詞とセットで、副詞句として、eagerにかかっている」
(参考:「that節の前の前置詞は、exceptなど一部例外を
除いて、強制的に省略される」)という解釈を浮かべるのもいい
だろう。しかし、今回の見えない前置詞は何だろうか(今手元に
ないのだけど、また辞書で調べておくかもしれない。むかしの
『解釈教室』に書いてあった手書きメモをみると、forじゃなくて
aboutがいい?前置詞は自信ないのでうやむやにしたい。あるい
は、「不定詞対応that節」という解釈で、for the Queen to
marry and leave...みたいな書き換えを浮かべてみるとか。)。

つづくかも

COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter3:例文3.2.7 の巻

She was not aware that...husband earned 10 pounds a week.

was not aware that ...は、「形容詞が目的語を取っている」と
いう感じの解釈をする方が多いと思われる形。しかし、「形容詞
が目的語を取る」と言い切ってしまう、躊躇の感じられない解説
に対して、どうもひっかかる方も多いだろう。

あるいは、was awareを「擬似他動詞」と捕えて(参考:Vi+Zを
「擬似他動詞」と捕えて受動態を無理矢理作ったりすることが
ある)、「擬似他動詞was awareがthat節を目的語に取っている」
という解釈もありえなくもないかもしれない(一般的ではないと
しても)。先の解説と大差ないと言われるかもしれないが、
個人的にはこちらの解釈の方が好みではある。

しかし、せっかく『英文解釈教室』を勉強しているのだから、
「このthat節は、『前置詞句対応that節』で、 be aware of Nの
<of N>に対応するものだろう。そして、目に見えないofと
that節がセットで『副詞句』を形成しており、形容詞のawareに
かかっているのだろう。」という解釈も、合わせて浮かべたい。

また、「that節自体が形容詞awareとつながっている副詞節だ」
という見方も可能だろうし、ここは色々な解釈が可能というか
わけがわからないというか、むずかしいところ。

こうして、ああでもないこうでもないと言っている私は、
「名詞節か副詞節かの分類にはこだわらなくてよい (p.43)」との
伊藤先生を教えをまもっていないことになるのかもしれない。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter3:例文3.2.6 の巻

I was flattered (that she wanted to speak to...), (because
((of all the...girls)) I admired her ((most)) ) .

I was flattered that...の所は「S be pp X構造」。「態の
1秒変換」を施してみると、flattered me that...となる。
これはどうも、第4でも第5でもなさそうだ。ということは、
おそらくthat以下は、「文型上は前と分断されており、
修飾関係で前とつながっている」と思われる。このthat節は、
「感情の原因」を示す副詞節だろうと解釈することになる。

because ofのところで構造予想を施すと、because ofが成句的
前置詞でbecause of Nとなるかと思われるところ。しかし実際
は、becauseは従接で、副詞句of older girlsの後に、節内のSVが
出ている。of all the older girlsは、because節が発揮している
「フレーム効果」のせいで外には出られないため、admiredに
かかるしかない。

「固定的表現に下線を引きたい!!」という方は、wanted to
とspeak to に引くといいかも。


あとで多少加筆するかも。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter3:3.2.6の前ふりの解説文中の例文 の巻

She is surprised that you are...going abroad.
She is surprised at the news.

She is surprised that は「S be pp X構造」。「態の1秒変換」
を施すと、surprised her that SV.となる。このsurprised her
that SV.という形を見て少し思案すれば、辞書でsurpriseを
引かなくても、第4文型でも第5文型でもなさそうであることは
分かる。「彼女に、that節を、驚かせる」と訳すのも無理そうだ
から第4ではなさそうだし、「her<が>that節」というネクサス
も成立しそうにないので第5も無理だろう。

つづく

★ Chapter3:例文3.2.5 の巻

I myself am...convinced that the best explanation
an artist can give of...aims and ability is afforded
by...work.

am fully conbinced that...は、 「be pp X構造」。
「態の1秒変換」を施すと、convinced me that...が得られる。
これは一見第4文型だが、that節が「前置詞句(of N)対応that節」であることを考慮すると、実は擬似第4文型である、、、
という解釈も可能。


(今回、ここだけを読むと意味不明かもしれない。
後で、保留にしている回の解説を補充していくので、
それを順次よんでいけば分かると思う。)


つづく



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter3:3.2.5の前ふりの解説文中の例文 の巻

I have been taught that God cares for me.
I have been taught English.


上段の英文に、「態の1秒変換」を施すと、taught me that God
cares for meが得られる。これは第4文型だと分かる(動詞の後
でネクサスが成立していないので第5ではない)。
ということは、上段の英文は、「元第4文型」ということになる。

下段の英文に、「態の1秒変換」を施すと、taught me Englishが
得られる。これもまた第4文型であるだろう。ということは、
下段の英文は、「元第4文型」ということになる。


I am persuaded that he is innocent.
I am persuaded of his innocence.


つづく。


COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter3:例文3.2.4 の巻

The middle-class American isn't, in...heart, sure that
even the rebels are altogether wrong. Some, in fact,
agreed that young people were not unduly critical of
their country, and their criticism was...needed.


be sure that SVのような形については、「形容詞が、that節を
あたかも目的語であるかのように牽引することがある」という
捕え方をする人が多数派だろうという気がする。

しかし、『解釈教室』p.44を読めば、「このthat節は、前置詞句
に対応(相当)する、『前置詞句対応(相当)that節』である」
という捕え方もあることが分かるだろう。なぜ「前置詞句対応
that節(と勝手に命名)」みたいなものが生まれたのかと
いうと、「that節の前の前置詞は、inやexceptなど一部例外を
のぞけば強制的に省略される」という文法法則が働いた結果
だろう(と思う)。

つづく。

ご報告:「Chapter3:例文3.1.2 の巻」がやっと完成

COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter3:例文3.2.3 の巻

I think we are all born with the gift for enjoying..things,
but that we are indifferent to many of... because
our attention was never called to them in childhood.

I think we areのところで、従接thatの省略だろうということは
見当がつく。「Vt SV構造」を見たら、「従接thatの省略」の
可能性が高い。問題は、見えないthatからはじまったthat節
フレームがどこまで続くか。but thatを見て、「おそらくはbut
が2つのthat節をつないでいるのだろう」ということになる。

allは、『解釈教室』p.106に出てくる用法。
「副詞的 同格代名詞」と呼び名を付けるのもいいだろう。
「セルフ、イーチ、オール」と唱えて覚えた方がいい。

つづく。

ご報告;「Chapter3:例文3.1.1 の巻」がやっと完成。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用



★ Chapter 3:3.2.3の前ふりの解説文中の例文 の巻

He said that...father had gone out but that...mother was
at home.

最初のthat節の閉じ場所がどこになるか、というのがテーマ。
例文3.2.3と3.2.4も同じく。

つづく。

★ Chapter3:例文3.2.2 の巻

You are thinking that I am a...man, but the truth is that
I am only a...farmer.

<S be that>の部分を副詞的に訳すとうまくいく例。

つづきは後で。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter3:例文3.2.1 の巻

(In time [of peace] ) the Dutch are...individualistic;
a striking example [of this] is 【that (in the period
[between the two world wars ] ) there were over fifty...parties】.

「that節がbe動詞の補語になることがある」という例文。

that節の内部が、セクション1のテーマだった
「【that (M) SV構造】」になっている。
「フレーム効果」のせいで、in the period~warsは、
that節内の動詞wereにかかるしかない。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter3:3.2.1の前ふりの解説文中の例文 の巻 (p.41)

His only fault was【that he had (always) been too kind】.

「that節がbe動詞の補語になることがある」という例文。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter3:例文3.1.3 の巻

Many people are persuaded 【that (if...people sit down
((to dinner)) ), one [of them] will come to grief
(within the year) 】 .

are persuaded that...は「be pp X構造」。「態の1秒変換」を
行うと、persuaded many people that...が得られる。これは一見
第4文型に見えるし、そう考えてもいいと思う。

しかし、純粋なる文句なしの第4文型なのかというと微妙な所。
persuadeが純粋に第4文型の用法を持つ動詞であるなら、
persuade人Nという構造がありそうなものだが、これは不可と
されていて、現実には<persuade 人 of N>とするのが正しい。
ということは、<persuade 人 that SV>のthat節は前置詞句of N
に対応する「前置詞句(副詞句)対応that節」である(that節の
前には目に見えないofがあって、of+that節全体で「副詞句」に
相当する働きをしている)という解釈もありえそうである。


<persuade 人 of N>も<persuade 人 that SV>も、第4文型の
呼吸で意味をつかめるので、個人的にはどちらの形についても
「擬似第4文型」と呼ぶことにしているが、特にすすめることは
しない。なぜ「擬似」と呼ぶかというと、前者については前置詞
ofがある以上どうみても「純粋な」第4文型ではないし、後者に
ついては目に見えないofがthat節の前にいる可能性があるので
「純粋な」第4文型として扱うのが躊躇されるからである。

以上の検討を経たうえで、are persuaded that...という
「be pp X構造」がいったい第何文型なのかを明記しておくと、、
私にとっては「元擬似第4文型」ということになる(ここまで
つきあわなくていいけど)。

さて、that ifのところは、簡単な構造予想の例で、
【that (if SV) SV】となることはおよそ分かる。
「フレーム効果」を知っていれば、if節がthat節の内部のVに
かかるであろうこともおよそ分かる。セクション1でのテーマ
である「that M SV構造」になっている。

注:
「前置詞句対応that節」に対して、名詞節の記号を施すか、
副詞節の記号を施すかは、迷うところ。「目に見えない前置詞
込みで副詞要素だから、副詞節(厳密にはこの場合は「副詞句」
と考えるべきだと思うけど)の記号を施す!!」という方も
おられるだろう。

私の場合はどうかというと、名詞節の記号を施すことが多い。
その場合、こころの中で(Z +【that SV】)という構造である
ことを浮かべた上で、簡易的に表記しているわけである。
もっとも、どちらにしても簡易表記にすぎないのだ。
(Z +【that SV】)という構造がほんとの所だと仮定するなら、
小括弧だけを施す人は名詞節フレームを省略しているわけだし、
四角括弧だけを施す人(私とか)は、副詞句フレームを省略して
いるわけだから。

なお、私の場合、「感情の原因」を表わすthat節の場合、それが
「前置詞句対応that節」だという解釈の可能性もあるとはいえ、
「単なる副詞節」という見方の方がすっきりすると考え、小括弧
を施す傾向がある。しかし、「前置詞句対応that節」がらみの
英文に対する記号付けには、いまだに迷いがある。

なお、今回の注意書きは、「何をいっているのかまったく
わからない!!」という方が多いと思うけど、分からなくても
全然気にする必要はないと思う。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter3:p.38の参考コーナーの例文 の巻

The girls seem to be...dressed. I noticed that
(when I went out ((a few weeks ago)) ).

seem to-の文型は難しいので、素通り。

I noticed that whenとくれば、たいてはI noticed 【that (when SV) SV】.
と展開するが、そうならないこともある、 という警告のための例文。
今回のthatは従接ではなく、指示代名詞(前文の内容を指している)。

a few weeks agoは、全体で副詞要素と捕らえて、小括弧(小括弧の中の
小括弧なので「二重小括弧」)を付けておいた。もう少し細かく分析するなら、
a few weeksが「名詞の副詞用法」として、副詞のagoにかかっている(と思う)。
went outは固定的表現ということで下線を引いてもいいだろう。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter3:例文3.1.2 の巻

You have...noticed 【that (nowadays), (when you talk to
young men...[of college age] ) they do not hear you
(very well) 】. Their thoughts are (elsewhere).

名詞節(句) ・・・ 【 】   四角の代用記号
形容詞節(句)・・・ [ ]    大括弧
副詞節(句) ・・・ (  )  小括弧

(名詞が一番固そうな記号で、副詞が一番やわらかそうな記号)


You have probably noticed thatの所で、おおよそ、You
haveprobably noticed 【that SV】.と展開することは想像が
つく。 that nowadays, whenのところで、that以下が、【that
(nowadays), (when SV) SV】.になることもだいたい分かる。
また、「フレーム効果」を知っていれば、 (nowadays)と
(when SV) のどちらもが、that節に閉じ込められているため、
必然的にthat節内部の動詞にかかる、ということも想像がつく
だろう。

young men and women of college ageの所は、抽象的に書くと
X(A+B)Y 構造。「共通関係(等接で結ばれたもの同士の
関係)」(Chapter14 参照)を考慮して解釈するなら、
young(X)は、共通関係にあるmenとwomen(A+B)の両方に
かけてやるのがよい。同様に、of college age(Y)も、共通関係
にあるmenとwomen(A+B)の両方にかけてやるのがよい。
なお、college ageのcollegeは、「名詞の形容詞用法」。

固定表現に下線を引きたい方は、talk toの下に引いておこう。

あと、Their thoughts are (elsewhere). は、第1文型+副詞。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用




★ Chapter3:例文3.1.1 の巻

Young people (often) imagine 【that (in order to gain
the necessary experience to write), they must...】; but
it is not true.

セクション1の例文は、警告のための参考コーナーの例文を
除けば、すべて「that M SV(ザットエムエスブイ)構造」。
この形のMは常にthat節内の動詞にかかる、というのが伊藤先生
の教え。『ビジュアル英文解釈』ではルール10、 『ルールと
パターンの英文解釈』ではルール13として出てくる規則
( 「接続詞+M2+S+VのM2は、、、」)。「フレーム効果」
のことを知っていれば、伊藤先生のルールを万一忘れても支障は
ないけども、「that M SV構造」という用語を頭に入れておいた方
が得な気がする。もっと一般化して、「従接MSV構造」と呼びたい
方はそうしてもいいだろう(個人的には、「フレーム効果」
「that M SV構造」の2つの用語を覚えることをすすめたいが)。

in order toは固定的表現ということで下線を引いておくのも
いいだろう。in order to ~writeまでは、(that節が発揮して
いる)フレーム効果により、that節から出ることができない
ので、that節のVにかかる。

セミコロンが出てきたが、素通りしたい。「セミコロン+等接」
というのは良く見るな、という気はする。

gain the necessary experience to writeのところのto write
の分析は難しいかもしれない。「やや、これは例の<something
to eat構造>ではないか?」と思った方もおられるだろうが、今回
は違うと思う。この不定詞to write(たぶん、第1文型)は、
恐らくだが、不定詞の副詞用法で、「判断の基準」を示している
と思われる(ここで「基準」という言葉を使うのは苦肉の策。
いい用語が浮かばない。「判断条件」の方がましかも。)。
「必要」といっても「絶対的に、必要」なわけではなく、
「書くのには、必要」ということなのだ。

同じような用例を挙げておくと、『新・英文法頻出問題演習』
(駿台文庫)の1ページ目に、Six months is a long time
to wait.という例文がある。このto waitは形容詞longにかかって
いると思われる。「待つのには、長い」という具合に、「長い」
という判断を下す上での「判断基準」「判断条件」を示すのが、
to waitの働き(他の条件下では、「6ヵ月」は短いかもしれ
ない)。

なお、これらの用例における副詞用法の不定詞は、冠詞と名詞の
つながりが形成していると思われるフレームを破っているとも
言え、「フレーム効果」の例外とも言いうるかもしれない
(a long time全体にかかっている形容詞用法の不定詞だと考える
ことも可能かもしれないがやや苦しい気はする)。フレーム効果
の例外として記憶しておきたければ、「a long time to wait
構造」と名前を付けておくと、記憶に残りやすいだろう。

「冠詞と名詞のつながりが形成していると思われるフレーム」と
いう言い回しに対して「はあ?!!なにそれ」といぶかしげに
思われる方もおられるだろう。『ビジュアル英文解釈』における
ルール11、あるいは 『ルールとパターンの英文解釈』のルール
12で、「冠詞と所有格のあとには、、。、、その外に出られ
ない。」というルールが出てくるのだが、このルールは、冠詞
(所有格)と名詞の間にも目に見えないフレームが形成されて
おり「フレーム効果」が生じているということを示している。


追記

私が「判断の基準」と書いたのを見て、「それをいうなら『判断
の理由』だろ、ふつう」とお怒りの方もおられるかもしれない。
しかし、「判断の理由(~するとは)」と「判断の基準
(~するのには)」は、どうも違う感じがする。「判断の理由」
「判断の基準」を合成して、「判理基(はんりき)」と呼ぶのも
いいかもしれない。

実は、有名な「too...to-構文」(-するのには、...すぎる)や
「enough...to-構文」(-するのには、足る程度...)における
不定詞(副詞用法)も、「判断の基準」の用法なのだ。不定詞
部分が、「~すぎる」「十分~」という判断を下す上での
「判断基準」「判断条件」を示している。

ついでに書いておくと、「不定詞の副詞用法が表わす意味あい」
をまとめると、「目的・結果・感原(感情の原因)・判理基
(判断の理由/基準)・仮定・able to-」という具合だろうか。
「もくてき、けっか。かんげん、はんりき。かてい、エイブル
トゥー。」と唱えて覚えるといいだろう(私自身が、実際に、
英語を読む時に使いつづけている知識)。

最後の「able to-」というの何か。これはbe able to-や
be anxious to-などのケースにおける不定詞を想定しているの
だけど、うまく意味的分類ができないので、「具体例を使った
用語」と使用してみたのだ(例:something to eat構造)。
「be able to-における不定詞みたいな用法」という意味で
「エイブルトゥー」と苦し紛れに呼んでいる。このような、
「叙述形容詞とリンクしている」ような用例としては、他に
be likely to- , be ready to-などが挙げられる。なんとか言葉
にするなら、これらの構造における不定詞部分は、「叙述形容詞
の言及対象」という感じだろうか。しかし、「じょげんたい」と
覚えてもあまりぴんとこないかもしれないので、この際
「エイブルトゥー」と呼ぶのがいいだろうと判断した(他は全て
意味的分類なのに、「エイブルトゥー」だけ構造的特長を名称に
使っているのが変と言えば変だが、便宜を考えての処置)。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter3:3.1.1の前ふりの解説文中の例文 の巻 (p.37)

He said 【that (twenty-five years before) , (when
((in India)) ) , he had fallen in love with...woman】.


名詞節(句) ・・・ 【 】   四角の代用記号
形容詞節(句)・・・ [ ]    大括弧
副詞節(句) ・・・ (  )   小括弧

(名詞が一番固そうな記号で、副詞が一番やわらかそうな記号)


He said thatの所で、おおよそHe said 【that SV】.と展開する
ことは見当がつく。伊藤先生が示されている例文のHe said that
twenty-five years ago.のように、thatが代名詞のケースもある
といえばあるけども、ふつうHe said thatとあったらthatは
「従接」である可能性が高い。

twenty-five years beforeの所を文法的に分析するように
求められたらどうしたらいいだろうか。副詞beforeに対して、
twenty-five yearsが「名詞の副詞用法」として前からかかって
いる、という解釈を私はしているけども、違うかもしれないので
断言は避けたい。beforeとagoの使い分けについては解説省略。

when in India の所は、「S be(エスビー)省略」だろう。
when<he had been>in Indiaという具合でたぶんいいと思うの
だけど、違っていたら後で訂正したい。なお、「S be 省略」
というと、一般に副詞節でのみ起こる現象であると解説される
ことが多い気がするけども、実際はどうかというと、名詞節でも
おきるし、形容詞節でもおきる(とおもう)。詳しくはいずれ
解説するかもしれない。

(twenty-five years before) も、(when ((in India)) )も、
that節のフレーム内部にいるので、「フレーム効果」のせいで
that節の内部で働くしかなく、必然的にthat節内部のVにかかる
ことになる。

「固定的表現に下線を引きたい!!」という方は、
fallen in love with(hadも入れてやってもいいけど)に
引いておくといいだろう。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter2:例文2.3.5 の巻

I found myself (instinctively) (as I walked) noting
the color [of...leaf] .

foundは第5文型。動詞の後で、「myself<が>noting」という
ネクサスが成立している。ネクサス部分にMが割り込んで
「VOMC構造」になっている(細かくは、「VOMMC」だけども)。

補語の位置にいる現在分詞notingは第3文型で、目的語the color
を牽引している(「準動詞も文型を持っている」)。

note the colorで「色<に>注目する」。第3文型を訳す時は、
「を」という助詞を添えて訳すケースが大半だけども、今回の
ように「に」という助詞を使うこともたまにある(「を」「に」
の他にもあるが)。追加例:enter the room「部屋<に>入る」



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter2:例文2.3.4 の巻

Too much travel, too much variety of impressions are
not good for the young, and cause them (as they grow...)
to become incapable of enduring...monotony.

名詞節(句) ・・・ 【 】   四角の代用記号
形容詞節(句)・・・ [ ]    大括弧
副詞節(句) ・・・ (  )   小括弧

(名詞が一番固そうな記号で、副詞が一番やわらかそうな記号)


too much variety of のところがまずひっかかる。a kind ofを
代表とする「擬似形容詞句」という扱いでいいのだろうか。
辞書を見ると、a variety ofという形が成句的に載っているが、
これはもろ「擬似形容詞句」と思われる。だが、今回のvarietyは
muchで修飾されており不可算名詞ぽいではないか。どうしよう。
不安があるので解説はさけることにしたい(伊藤先生の和訳を
見ると、擬似形容詞句的に訳しくだしておられる)。

causeは第5文型で、「VOMC構造」になっている。動詞の後で、
「them<が>to become」というネクサスが成立している。
ネクサス部分に、as they grow up(Cにかかる副詞節)が
割り込んでいるために、「VOMC構造」になっている。

不定詞to becomeは第2文型で、動名詞enduringは第3文型。
(「準動詞も文型を持っている」)

固定的表現に下線を引きたい方は、
<good for(are notにも下線を引いてもいい)>
<grow up>
<incapable of(be動詞の変形と考えbecomeにも引いていい)>
の3箇所に引いておくといいだろう。

「for the young やof~monotonyは副詞句なのだから、小括弧
で囲ってほしい」と思った方はそうしてもいい。私の場合は、
下線を引いた所はもう括弧の方は省略する、という傾向がある。


注意:下に書いてあることは本当にどうでもいいことなので、
全く気にしなくてもいいです

あと余談としてついでに書いておくと、補語になる形容詞要素
(不定詞とかも含めて)は、私は大括弧で囲わないようにして
いる。大括弧は、名詞にかかる限定用法の形容詞要素の場合、
しかも後ろから前の名詞にかかるケースにのみ、書くようにして
いる。一方、副詞要素は、前から後方にかかるケースでも小括弧
を書くことが多い(ただ、<副詞→形容詞→名詞>という形に
おける副詞については小括弧を省略する/これは括弧のついて
いない形容詞に遠慮して合わせているのである)。以上のような
個人的な記号書込時の癖については、それなりに理由説明が
できなくもないのだけど、さして合理的理由とはいえないし、
気にしないでほしい。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用



★ Chapter2:例文2.3.3 の巻

(To hundreds of people), the most...happenings [in Europe]
had been the triumph [of dictatorship] . I had watched
the bases [ (on which)...freedoms had seemed to rest],
destroyed.


「固定的表現に下線を引くのを楽しみにしています」という方が
おられたら、hundreds ofに引くといいだろう。こういうのは、
本来の形容詞句と区別して「擬似形容詞句」と呼ぶのも一案
(ふつうの形容詞句は、<前置詞+名詞>で単位を形成して
おり、名詞の後に置かれる/「形容詞句後置原則」)。

この英文もしかし、時制がむずかしくてよくわからない。
「基準点になる過去」は、the triumph(むかし『試験に出る
英単語』で「大勝利」と覚えたことをまだ覚えている)の時点
だろうか。あるいは前後の英文を読んではじめてぴんとくる、
という可能性もあるだろうか。

had watchedは第5文型。動詞の後で、「the bases<が>
destroyed」というネクサスが成立している(destroyedに
「受動ベクトル(左向きの矢印<←>)」が感じられる)。
the basesに関係詞節が後続しているために、「VOMC構造」
になっている。

今回、ネクサス部分を文に書き換えてみせるのは、恐いので
避けたいところ(本当のところを書いてしまうと、時制とか冠詞
とかは私などの手には負えない)。cf.のところを見ると
The bases...<were> destroyed.と書かれているけど、
The bases...<had been> destroyed.(この場合、「基準点に
なる過去」は前文のthe triumphの時点だろうか)の方がしっくり
くるような気がしなくもない。とはいえ、私は時制については
ぜんぜん自信がなく、めちゃくちゃなことを言っている可能性も
十分あることをお断りしておきたい。

[ (on which) ...のところは「前置詞プラス関係代名詞」と
呼ばれることが多い形。関代whichは、1「先行詞にかかる形容詞
節をまとめる」、2「節内で代名詞として働く(今回は前置詞の
目的語の役割)」、という2重の働きをしている。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter2:例文2.3.2 の巻

(Before I had the television set) I found the broadcasts
[of news], [through sound only], quite satisfactory.
I do not, (today), find the announser's face, <whether
that [of a...woman] or that [of a...sportsman] >,
a help [to...understanding].

注:< >は挿入要素の記号にしている。一般には副詞要素と
いわれそうなものであっても、修飾矢印をどこに向けて書いて
いいか困るものは、個人的には挿入要素扱いすることが多い。
(すすめる自信はない)


Beforeが前置詞なら→ (Before N) SV. となる。
Beforeが従接なら → (Before SV) SV. となる。
今回は下の構造に展開しているので、従接が正解。

foundは第5文型で、Mが割り込む「VOMC構造」になっている。
「broadcasts<が>quite satisfactory」というネクサスが
成立している。

findも第5文型で、やはり「VOMC構造」になっている。

問題はMのwhether以下のコンマで区切られた部分だが、ここの
解釈はいまひとつ自信が持てない。伊藤先生の解説を見ると、
主語とbe動詞の省略(「S be 省略」と呼ぶのも一案)で、
whether~sportsmanはネクサス部分にかかる副詞節とのこと。

私の個人的感覚では、whether以下の部分は直前のthe
announser's faceに対して挿入的に付加された説明という感じ
(「ま、それが~であろうと、~であろうとね、、、」と脱線
して言い添える感じ)がするけども、妥当な感じ方かどうかは
分からない。あと、「S be 省略」以外の解釈をする余地はある
だろうか。。。たとえば、the announsers faceに対する同格要素
のthat of...or that of...の前に、譲歩的(?)ニュアンスを
出すためにwhetherを添えたという可能性はありえないのだろう
か。つまり、『解釈教室』p.296に出てくるThese cases must
be stated, though briefly.のthoughのような使い方のwhetherを
同格要素の前に添えることはありえないのだろうか、というのが
私の疑問。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter2:例文2.3.1 の巻

I have heard a man, (for lack of anything [to boast...] ),
boasting 【that his cat eats...】.

名詞節(句) ・・・ 【 】
形容詞節(句)・・・ [ ]
副詞節(句) ・・・ (  )

(名詞が一番固そうな記号で、副詞が一番やわらかそうな記号)


「VOMC構造」の例文。hearは第5文型で、動詞の後で、「a man
<が>boasting」というネクサスが成立している。「知覚動詞の
後は、原形不定詞が来ると習ったのに、現在分詞のboastingが
来ているのはおかしい」と疑問に思う方もおられるだろう。
「(能動態第5文型の)知覚動詞・make/let/haveの後では、
不定詞のtoが落ちる」という規則は、「補語に不定詞が来る場合
は」の話であって、「知覚動詞・make/let/haveの後では、補語に
は必ず原形不定詞が来る」と言っているわけではないのだが、
誤解する人が多い箇所ではないかという気がする。

「最近、熟語的表現に下線を引いてないんですけど」という方
は、for lack of の下に引いてほしい。熟語的な前置詞とみなす
のが一般的だと思うので、下線の下に前置詞の記号Z (Zenchishi
の頭文字)を書いておくのもいいだろう。ついでにanythingの下
にNと書くと、前置詞句のZN(ゼットン)になる。前置詞句の働き
は、「形容詞句か副詞句」であった。今回は副詞句で、後方の
現在分詞boastingにかかっている。

anything [to boast about] は記憶しておいた方がいい構造。
「不定詞の後で目的語が欠けているケース」には2パターン
あって、具体例を使った呼び名を付けておくと記憶に残り安い。

★something to eat構造
★He is hard to please.構造

今回はもちろん、something to eat構造の方。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter2:2.3.1の前ふりの解説文中の例文 (p.31) の巻

They made machines, [driven (by...) ], do the work
[which hands had done (before) ] .

ここからセクション3になる。このセクションのテーマは今まで
にも何度か出てきた「VOMC構造」。madeは第5文型。動詞の後で
「machines<が>do the work」というネクサスが成立している。

読み出した時に第3文型と誤解してしまう可能性が高いのは
みな同じ。do the workの所で違和感を感じるのもみな同じ。
その後「わけがわからない」と感じるか「VOMC構造だろう」
と感じるかが、読解力の差ということになる。

「VOMC構造」(「SVOMC構造」と呼んでもいい/準動詞のケース
を考慮してSを省いているだけ)という用語を暗記した上で、
たくさんの例文を読むと(セクション3にたくさんある)、
「VOMC構造だろう」と反応できる確率が高くなるだろう。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter2:例文2.2.12  の巻

He could not make himself what he had wished to be.

makeは第5文型。動詞の後で、「himself<が>what節」という
ネクサスが成立している。「目的格補語の位置にwhat節が来る
ことがある」ということを示すための例文。

「このやろう。第5文型の補語になれるのは<名詞、形容詞、
不定詞、分詞、前置詞句>だって言ってたくせに、what節が
来たじゃねえか、このやろう。」とお怒りの方もおられるかも
しれない。「ここでの『名詞』という表現は、『名詞要素』を
含意した広義の表現。what節は名詞節であり、名詞要素であると
言える。」という弁解で許してもらえたらと思う。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter2:p.27の参考コーナーの例文  の巻

They looked on him as a great scholar.

こういうケースで文型をきかれたらどう答えたらいいのだろう
か。looked on 全体で第5文型の動詞であるかのように扱われて
いると見なして、「擬似第5文型」と呼ぶのが一案。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter2:例文2.2.11  の巻

President Lowell [of...University] (once) defined
a university as a place [where nothing usuful is taught] .

主語の位置に例の「NZN構造」が来た結果、全体が「SMV構造」
になっている(細かくはS [M] (M) V)。

defined は第5文型。動詞の後で、「a university<が>(as)
a place」というネクサスが成立している。asを前置詞と考える
のもいいが、as importantのように形容詞が後に来た時に説明
に困る(何らかの省略で説明する以外には)ので、伊藤先生の
教えどおり「補語の目印」という概念を頭に持っていた方が
いいだろう。

whereは関係副詞。詳述はしないが、関係副詞は、先行詞(名詞)
にかかる形容詞節をまとめる。節内での働きが「副詞」なのだ。
「関係副詞は副詞節をまとめる」と思っている人は結構いるかも
しれないが、その論理でいくと「関係代名詞は(代)名詞節を
まとめる」ことになる。関係副詞だろうが疑問形容詞だろうが
複合関係代名詞だろうが、「節内の働きから名称を付けている」
(これらの用語の右半分は、「節内での働き」に言及している)
のだ、ということは覚えておいた方がいいだろうと思う。

usufulは後ろからnothingにかかっている(usufulを大括弧で
囲ってもいい)。somethingやnothingなどにかかる形容詞は、
一語であっても名詞の後に置かれる。なぜかは知らないが、
somethingやnothingという単語が「形容詞+名詞」から成って
いる合成語であることと関係がありそうだ(つまり前から
かかっているsomeやnoに遠慮しているのではないかと)。

nothing usuful is taughtは「be pp X構造」になっていないが、
試しに「態の1秒変換」の練習をしてみよう。頭の中で、ppの
後ろにnothing usefulを移動すると<taught nothing usuful>と
なる(律儀にusufulまで連れていってやる必要もないのだが)。
<taught nothing usuful>は、第3文型である(主語不明能動態
でも、第2文型じゃないと感じられるのは、なにか超能力を使っ
ているのだろうか)。ということは、nothing usuful is taught
の文型は「元第3文型」ということになる。

もしも、「<taught nothing usuful>という書き換えは時制的
におかしいんだよ。<teach nothing usuful>と書くべきなんだ
よ。このやろう、、、」という方がおられたら、まじめな方なの
かもしれないとは思うが、私は悲しむだろう。今は、文法問題を
解いているのではなく、 <最小限の手続きで>能動態の幻覚を頭
に浮かべる練習をしているのだから、時制も糞もないのだ。。。

なお、本文のnothing usuful is taughtの所でwasでなくisが
使われているのはなぜか。恐らくは、『マスター英文法』p491に
ある「現在も続いている習慣や事実」というやつだろうと思う。
(「不変の真理」よりこっちの方がいい気がする)



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter2:例文2.2.10  の巻

All...things will render their utterances
of unusual interest and value.

renderは第5文型。「their utterances<が>of unusual
interest and value」というネクサス(意味上の主語述語関係)
が成立している。「of+抽象名詞=形容詞」という公式は知って
いる人が多いと思う。伊藤先生がちゃんと書いてくださっている
が、of unusual interest and valueを書き換えると、
unusually interesting and valuableとなる(形容詞unusualが
副詞unusuallyに変わったのは、被修飾語が名詞から形容詞に
変わったため)。

「of+抽象名詞=形容詞」「前置詞句が補語になることがある」
という知識の確認をしておこう。

ついでに、復習をしてみる。「第5文型の補語になりうる要素」
を5つ挙げると、「名詞、形容詞、不定詞、分詞、前置詞句」
だった。なお、この5人は、「be pp X構造のXになりうる要素」
と同じメンバーであった。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter2:例文2.2.9  の巻

He could make himself understood (to only a few...people).

動詞のmakeは第5文型。動詞の後で、「himself<が>
understood」「彼自身<が>理解してもらえる」というネクサス
が成立している。ある程度慣れていれば、understoodの所で
反射的に「受動ベクトル(左向きの矢印<←>)」を感じ取る
ことができるだろう。補語に位置にppがいる場合、たいていは
「受動」の意味をおびている(自動詞のppの場合は「完了」
の意味あい/p.25参照 I found him gone to school.)。

もし仮に、「理解する」という「能動ベクトル(右向きの矢印
<→>)」であるのであれば、原形不定詞のunderstandを使う
ところ。なお、原形にする理由は、「知覚動詞とmake/let/have
の後では、不定詞のtoが落ちる」ことになっているから。

「ネクサスを(頭の中で)文に還元」するときは、
「適宜必要に応じて、間にbe動詞をかませる」のがやり方。
今回の英文で練習してみると、He <was> understood
to only...という具合になる。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter2:p.26の参考コーナーの例文  の巻

I have had a very unpleasant thing happen (to me).

have had は第5文型。動詞の後で、「a very unpleasant
thing<が>happen」というネクサスが成立している。補語の
happenは、原形不定詞で第1文型(「準動詞も文型を持って
いる」)。「(能動態第5文型の)知覚動詞とmake/let/have
の後では、不定詞のtoが落ちる」(bidの後も落ちるらしい)。

伊藤先生がやんわりと指摘なさっているように、例文2.2.8を
見てもこの例文を見ても、「『have 人 原形!/have 物 pp!』
という教え方は迷信にすぎない」ということがわかる。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


| HOME | NEXT »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。