FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

★ Chapter4:例文4.1.2 の巻

【What interested me (more than anything else) (then) 】
was the writing [of...stories] .

whatは、「疑問文 [感嘆文] を導くか、名詞節をまとめるか
(、挿入節をまとめるか)」である。この英文はピリオドで終わっている
ので、Whatは名詞節をまとめる用法だろう。全体構造は、
【What節】V.となっており、What節は主節の主語。

なお、「whatの品詞」についてだが、基本的に4つ。
疑問代名詞(何?)、関係代名詞(こと/もの)、
疑問形容詞(どんな?)、関係形容詞(すべての)。
「ぎだい、かんだい、ぎけい、かんけい」と唱えて品詞を覚える。
「なに?、こともの、どんな?、すべての」と唱えて訳し方も覚える。

今回のWhatは、名詞節をまとめ、かつ、自節内でinterestedに対する主語
として働いている。「節内での働き」が主語(=名詞要素)ということは、
Whatの品詞名は、「疑代」か「関代」だろう(形容詞は主語にはなれない
ので、「疑形」や「関形」の可能性は消える)。

あとは、意味からしぼる。「<何>が私の興味をひいたかは、短編小説の執筆
だった」という訳と「私の興味をひいた<もの>は、短編小説の執筆だった」
という訳のどちらが「より自然か」を考える。少なくとも私は、後者の訳
が自然だと感じるので、「このWhatは『もの』と訳すのが自然だから、
関代だろうな」と判断することになる。こういう思考プロセスをへてやっと、
Whatの品詞が確定できることになる。名詞節をまとめる用法の場合、
whatの品詞名というのは、最後になってやっと確定するのだ。
(「意味確定が先で、品詞確定が後」/ただし、下の注2を参照)。


<whatを見た時の「3段階の思考プロセス」>

【1】疑問文を導く用法か、名詞節をまとめる用法か(、挿入節用法か)、
を判断する。
(文末がピリオド・・・名詞節<か挿入節>/文末がハテナ・・・疑問文)

【2】「節内での働き」が、「代名詞か形容詞か」を判断する。
(代名詞なら「疑代」か「関代」/形容詞なら「疑形」か「関形」)

【3】記憶しておいた「訳語」を当てはめてみて、「より自然な方」を選ぶ。
「節内での働き」が代名詞の場合・・・何?→疑代 / こと・もの→関代
「節内での働き」が形容詞の場合・・・どんな?→疑形 / すべての→関形

以上のプロセスをへて、やっとwhatの品詞を確定することができる。



注1:追加学習

以上の他に、「感嘆形容詞のwhat」というのがあることを追加学習する
となおよい。「感嘆文を導くか、名詞節(間接感嘆文)をまとめる」
のが役割(節内では形容詞)。意味は「なんという(→N)!」である。
(『解釈教室』p.69とp.70に例文がある)

ついでに書いておくと、「感嘆副詞のhow」というのもある。
「感嘆文を導くか、名詞節(間接感嘆文)をまとめる」
のが役割(節内では副詞)。意味は「どれほど!」である。
(『解釈教室』p.70に例文がある)


注2:ここは意味不明でもいい

思考プロセス1の段階で、「疑問文」だと判明した場合(文末の
「?マーク」を盗み見すればいい)、whatの品詞は、「疑代か疑形」
にしぼられる(関係詞に疑問文を導く力はないので、「関代」「関形」
の可能性は消え去る)。おかげ様で、疑問文においては、思考プロセス3
は省略できることになるのだ。思考プロセス2が終了した段階で、
品詞が1つに確定することになる(「節内で代名詞」なら「疑代」/
「節内で形容詞」なら「疑形」)。この場合、「品詞確定が先に
すんじゃったよ。もうこのwhatは疑形だと確定してるわけだから、
『どんな?』という訳語をあてはめて訳すまでだ。」という具合に、
「品詞確定→意味確定」という思考順序になるのである。

さらに余計なことを書いておくと、「挿入節をまとめる用法」のwhat
の場合は、思考プロセス2すら省略できる。この用法のwhatは、
「関代」であると最初から分かっているのだ。
(『解釈教室』p.300とp.301に例文がある。どの例文を見ても、
「こと」と訳されている。)



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


スポンサーサイト



| HOME |