FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-08<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2019-10

★ Chapter4:4.3.2の解説文中の例文 の巻 

People noticed 【how fast plants grew】.

このhowの品詞をきかれたら、疑問副詞と答える人が大半だと思う。
しかし、文全体の意味を考えてみると、「どれほど?」という
疑問感よりも、「どれほど!」という感嘆感が感じられると思う。
となると、このhowの品詞名は、疑問副詞よりも「感嘆副詞」の
方がより適切だろうと思う(「感嘆形容詞」と同様、一般的な用語
とは言えないだろうけど)。今回のhow節のような名詞節のことを、
間接疑問文(疑問文を名詞節化したもの)という用語をまねて、
「間接感嘆文(感嘆文を名詞節化したもの)」と呼ぶと、
すこし面白いかもしれない(これも一般的用語ではない)。

今回の英文において、感嘆副詞のhowは何をしているのかというと、
「名詞節をまとめ、かつ、自節内で副詞として働いている
(副詞のfastにかかっている/なお、fastはgrewにかかる)」。


復習

●この種の二重の働き(節形成+節内での働き)をもつ単語は、
「疑問詞と関係詞(と感嘆詞)」のみであった。
(注:従属接続詞は、節形成機能のみで、節内での働きは持たない)

●これらの単語の品詞名の右半分は、「節内での働き」に言及
しているのだった。(「感嘆副詞」という品詞名を見れば、
「節内での働き」が副詞だとわかる)

伊藤先生が、この感嘆副詞howの例文を、例文4.3.2の解説文中で
cf.として紹介された意図は、想像しやすいと思う。例文4.3.2で
「感嘆形容詞what」の例文を扱った所で、より完璧を期するために
「感嘆副詞how」の例文を登場させたということだと思う(感嘆詞は
この2つで全部なのだ)。「感嘆文を導くwhatとhowは、どちらも
名詞節をまとめる用法を持っている」と捕えておくといいだろう。
なお、感嘆副詞howの例文に4.3.3のような例文番号が与えられて
おらずcf.という扱いにとどまっているのはなぜかというと、
「このChapter4は、whatの章だから」だろう。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

スポンサーサイト



| HOME |