FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2018-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ Chapter4:例文4.3.3 の巻

He is conscious of 【what a...opportunity he has】.

is conscious ofは固定的表現なので、下線を引いてみてもいい。

whatのまとめる名詞節が、前置詞ofの目的語になっている。

what節の内部構造を点検してみよう。
what節内部のSVはどれかと考えると、he hasだろう。

他動詞hasの目的語は、whatだろうか、a fine opportunityだろうか。
whatだと考えると、whatはそれでよくても、a fine opportunityが
宙に浮いて働き場所を失ってしまう。そこで、他動詞hasの目的語は
a fine opportunityだと考え、whatの方は、形容詞としてopportunity
にかけてやることにしよう(これで全員が働き場所を得たことになる)。

whatが自節内で形容詞として働いていることは分かったが、細かい
品詞名は何だろう。疑問形容詞(どんな?)だろうか、関係形容詞
(すべての)だろうか、あるいは感嘆形容詞(なんという!)だろうか。
文意を考えると、「なんという!(すばらしい機会)」という具合に
「感嘆感」が感じられることだし、それ以前に、疑問形容詞や
関係形容詞の場合は<what a>となることはありえないので、
今回のwhatは「感嘆形容詞」と考えるのが正解。

COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

スポンサーサイト

| HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。