FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2018-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ Chapter4:4.3.4の前ふりの解説文中の例文 の巻

(In what way) should I treat him?

このwhatは、「疑問文を導く用法」。この場合でも、whatは
「節内での働き」を持っている(「<主>節内での働き」だが)。
今回のwhatの「<主>節内での働き」は、何だろう。「前置詞Inの
目的語だ」と考えると、whatはそれでいいのだけど、名詞のwayが
宙に浮いてしまって働き場所を持てなくなるのがまずい。
前置詞の目的語の役割はwayにゆずり、whatは形容詞としてwayに
かけてやればよいではないか。この時点で、whatの品詞は決まった。
「どんな?」と訳す「疑問形容詞」である(関係詞が疑問文を導く
ことはなさそうだから、関係形容詞ではないだろう)。


I asked her 【 (in what way) I should treat him】.

こちらの英文も考えてみよう。この英文は、さきほど出てきた疑問文
In what way should I treat him?を名詞節(間接疑問文)化して、
第4文型askの直接目的語(「~に、~を」の「~を」のほう)の位置
に置いたもの。今回のような「前置詞からはじまるwhat節」は、
あらかじめ知らないと、混乱して構造が把握しにくいと思う。

今回のwhat節は、さきほどの疑問文を名詞節化したものであり、
whatの品詞名は変わらない。相変わらず、whatの品詞は疑問形容詞
であり、「どんな?」という意味。「名詞節化する時点で、
<SVの倒置>が解除」され、should I treat からI should treatに
なっていることにも注目しておこう。

<前置詞からはじまるwhat 節>
(余談:「前置詞からはじまるwhat節」のwhatは、必ず、疑問詞なのだ)

★【 (Z what N) SV】構造  
(ゼットワットンエスブイこうぞう/whatは「どんな?」の疑形)

★【 (Z what) SV】構造 
(ゼットワットエスブイこうぞう/whatは「何?」の疑代/かなりまれ)

ところで、例文4.3.3の英文は、<【 (Z what N) SV】構造>」では
なく、<Z+【what 節】>」であった。英語を読んでいて、
「Z what」という形を見たとき、「what節の開始ポイントが、
前置詞からなのか、whatからなのか」という判断は、理詰めで考える
癖がついていれば、比較的容易にできるものである。

たとえば、今回の英文を I asked her (in 【what way I should
treat him】) .という具合に、いったん解釈してしまったとしよう。
しかし、よく考えれば、まずい点があるのに気付くだろう。まず、
「what節の内部で、wayの働き場所がどこにもない(whatについては、
形容詞としてwayにかければよいのだが)」ことがまずい。それと、
この解釈だと、in以下は副詞句だということになり、askの直接目的語
が存在しないことになるので、「<何を>たずねたのかが不明のまま
になってしまう」ではないか。こんな具合に、構造的に誤読している
場合は、説明のつかないことが出てしまうことになっているのだ。

I asked her 【 (in what way) I should treat him】.という具合
に解釈すれば、さきほどの2つのまずい点が両方とも解消することに
なる。ところで、この<ゼットワットンエスブイ構造>においては、
whatは前置詞句に閉じ込められているのに、名詞節形成機能を
発揮しているわけである。これはつまり、<前置詞+名詞>の
副詞句フレームをぶちやぶって、whatの位置から発信された
節形成のパワーが節全体におよんでいっているということだ。
この現象について、「フレーム効果のおたっきーな例外」
と考えることも可能かもしれない。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


スポンサーサイト

| HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。