FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2019-12

★ Chapter4:例文4.3.5 の巻

【What results are available】 are fragmentary and...

Whatは名詞節をまとめる用法(疑問文用法にも挿入節用法にも見えない)。

Whatの節内構造の点検をしてみる。
What節内の主語動詞はどれか。
節内の動詞は、areで即決。
節内の主語は、Whatとresultsのどちらが適切だろう。
Whatだと考えた場合、Whatはよくても、resultsが浮いてしまうのが困る。
節内の主語の役割はresultsにゆずって、Whatは形容詞として
results にかけることで、全員が働けるので、これが正しい解釈。

whatの「節内での働き」が形容詞だと分かったところで、
「どんな?」「すべての」のどちらで訳すのが自然かを考える。
「すべての」の方が自然なので、「関係形容詞」ということになる。

(What節内部を訳す時にresultsを最後に訳すことになるのだけど、
この辺りの詳細な解説は、けちって保留にしている。「関係形容詞の
whatがまとめる名詞節を訳す時は、関係形容詞の後の名詞を最後に訳す」
ということを意識しておくといいだろう。なにやら難しそうに感じる
方は、「関係形容詞のwhatを見たら、<all the...that>に置き換えて
から訳す」ということにしておくといいかもしれない。)


COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

スポンサーサイト



| HOME |