FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2019-12

★ Chapter4:4.3.7の前ふりの解説文中の例文 の巻

You may read 【whatever book you like】.

セクション1でwhateverを含む文の解説をたしか保留にしていたので、
ここである程度まとまった解説をするか、前にさかのぼってするか迷う。

今回の英文の説明をすこし。
whateverのまとめる名詞節が、readの目的語。
whateverは、節内でbookにかかり、bookがlikeの目的語。
whateverの品詞は「複合関係形容詞」。
(この種の文法用語の右半分は、「節内での働き」を元に名付けている)。
和訳するときは、「任意」の意味あいがでるように注意する。

つづく

COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


スポンサーサイト



| HOME |