FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2018-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ Chapter5:例文5.3.1の前ふりの解説文中の例文 の巻

One thing my father left (to me) and it was more...than...

第3文型の倒置「OSV構造」の例文。OSV構造は、『ビジュアル英文解釈』
のルール6(『ルールとパターンの英文解釈』ではルール7)の例外
と言える。名詞の後にコンマなしで主語と動詞が続いていても、
後に目的語のない(ように見える)他動詞か前置詞が出てきても、
今回は「関代の省略」ではない。

andは主節1と主節2を結んでいる。

moreとthanは相関的なので、波線を引いてもいいだろう。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


スポンサーサイト

| HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。