FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2018-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ Chapter5:例文5.4.8 の巻

So hard did he study that his friends were (greatly) concerned
(at his...face) .

so...that構文の倒置。文頭にSoが出ると、主節で「疑問文型の倒置」
が起きる。全体構造を唱えて覚えてしまった方がいい。

So 副詞 v SV that SV.(ソーふくしじょどうしエスブイザットエスブイ)
So 形容詞 VS that SV.(ソーけいようしブイエスザットエスブイ)

相関的表現ということで、Soとthatに波線を引いてみてもいい。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


スポンサーサイト

| HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。