FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-08<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2019-10

★ Chapter2:p.26の参考コーナーの例文  の巻

I have had a very unpleasant thing happen (to me).

have had は第5文型。動詞の後で、「a very unpleasant
thing<が>happen」というネクサスが成立している。補語の
happenは、原形不定詞で第1文型(「準動詞も文型を持って
いる」)。「(能動態第5文型の)知覚動詞とmake/let/have
の後では、不定詞のtoが落ちる」(bidの後も落ちるらしい)。

伊藤先生がやんわりと指摘なさっているように、例文2.2.8を
見てもこの例文を見ても、「『have 人 原形!/have 物 pp!』
という教え方は迷信にすぎない」ということがわかる。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


スポンサーサイト



| HOME |