FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2018-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ Chapter2:例文2.2.9  の巻

He could make himself understood (to only a few...people).

動詞のmakeは第5文型。動詞の後で、「himself<が>
understood」「彼自身<が>理解してもらえる」というネクサス
が成立している。ある程度慣れていれば、understoodの所で
反射的に「受動ベクトル(左向きの矢印<←>)」を感じ取る
ことができるだろう。補語に位置にppがいる場合、たいていは
「受動」の意味をおびている(自動詞のppの場合は「完了」
の意味あい/p.25参照 I found him gone to school.)。

もし仮に、「理解する」という「能動ベクトル(右向きの矢印
<→>)」であるのであれば、原形不定詞のunderstandを使う
ところ。なお、原形にする理由は、「知覚動詞とmake/let/have
の後では、不定詞のtoが落ちる」ことになっているから。

「ネクサスを(頭の中で)文に還元」するときは、
「適宜必要に応じて、間にbe動詞をかませる」のがやり方。
今回の英文で練習してみると、He <was> understood
to only...という具合になる。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


スポンサーサイト

| HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。