FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2019-12

★ Chapter1:p.2の参考コーナーの例文 の巻

<参考>
The want of time you will feel...

「参考」のコーナーに、この英文を置いたのは、
例文1.1.3に続いて、「主語に関する文頭での暫定判断が
間違っていることになるケース」の例文を、もうひとつ読者に
お見舞いするためだろう。

The want of time(厳密にはwant)という文頭の名詞に対して
you will feelという SVがコンマなしで続いているので、
「関係代名詞の省略」を検討する所だが
(『解釈教室』p.118参照/『ビジュアル英文解釈』のルール6/
『ルールとパターンの英文解釈』のルール7)、その解釈だと
主節の動詞がないことになるので、OSVに解釈を変更する。

「NSV構造」を見たら、「関係代名詞の省略」だけでなく「OSV/
OSVC」も可能性として浮かべるようにしておくといいだろう。
「後に目的語のない(ように見える)他動詞か前置詞がある」と
いう点では、実はどちらの場合でも同じである、ということにも
注目しておいてほしい(伊藤先生のルールの「それが正しい
ことになる」という文言の揚げ足とりをしているようで恐縮
だけど)。なお、「関係代名詞の省略」の方が「OSV/OSVC」より
も頻度の面では圧倒的に上なので、「NSV構造」を見たら、
まずは「関係代名詞の省略」を浮かべて、どうもおかしい場合に
「OSV/OSVC」を検討するという感覚でいるといいと思う。

なお、この例文の後半のevery yearは、例の
「副詞的目的格」あるいは「名詞の副詞用法」。
スポンサーサイト



| HOME |