FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-08<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2019-10

★ Chapter2:例文2.3.4 の巻

Too much travel, too much variety of impressions are
not good for the young, and cause them (as they grow...)
to become incapable of enduring...monotony.

名詞節(句) ・・・ 【 】   四角の代用記号
形容詞節(句)・・・ [ ]    大括弧
副詞節(句) ・・・ (  )   小括弧

(名詞が一番固そうな記号で、副詞が一番やわらかそうな記号)


too much variety of のところがまずひっかかる。a kind ofを
代表とする「擬似形容詞句」という扱いでいいのだろうか。
辞書を見ると、a variety ofという形が成句的に載っているが、
これはもろ「擬似形容詞句」と思われる。だが、今回のvarietyは
muchで修飾されており不可算名詞ぽいではないか。どうしよう。
不安があるので解説はさけることにしたい(伊藤先生の和訳を
見ると、擬似形容詞句的に訳しくだしておられる)。

causeは第5文型で、「VOMC構造」になっている。動詞の後で、
「them<が>to become」というネクサスが成立している。
ネクサス部分に、as they grow up(Cにかかる副詞節)が
割り込んでいるために、「VOMC構造」になっている。

不定詞to becomeは第2文型で、動名詞enduringは第3文型。
(「準動詞も文型を持っている」)

固定的表現に下線を引きたい方は、
<good for(are notにも下線を引いてもいい)>
<grow up>
<incapable of(be動詞の変形と考えbecomeにも引いていい)>
の3箇所に引いておくといいだろう。

「for the young やof~monotonyは副詞句なのだから、小括弧
で囲ってほしい」と思った方はそうしてもいい。私の場合は、
下線を引いた所はもう括弧の方は省略する、という傾向がある。


注意:下に書いてあることは本当にどうでもいいことなので、
全く気にしなくてもいいです

あと余談としてついでに書いておくと、補語になる形容詞要素
(不定詞とかも含めて)は、私は大括弧で囲わないようにして
いる。大括弧は、名詞にかかる限定用法の形容詞要素の場合、
しかも後ろから前の名詞にかかるケースにのみ、書くようにして
いる。一方、副詞要素は、前から後方にかかるケースでも小括弧
を書くことが多い(ただ、<副詞→形容詞→名詞>という形に
おける副詞については小括弧を省略する/これは括弧のついて
いない形容詞に遠慮して合わせているのである)。以上のような
個人的な記号書込時の癖については、それなりに理由説明が
できなくもないのだけど、さして合理的理由とはいえないし、
気にしないでほしい。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用



スポンサーサイト



| HOME |