FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2019-12

★ Chapter1:1.1.4の前ふりの解説文中の例文 の巻

The Prime Minister´s decision [ to resign ] was...

ここで「SMV構造」の例文にもどった。今回はMが不定詞になって
いる。あるいは、「N to-構造」のNが主語になっている、という
見方も可能だろう。全体を「S -ing V構造」と呼んでもいいが、
あまり意味はないかもしれない。



The girl [ called Betty ] was walking...

これも「SMV構造」の例文。この例文ではMが過去分詞になって
いる。あるいは、「N pp構造」のNが主語になっている、という
見方も可能だろう。全体を「S pp V(エスピーピーブイ)構造」
と呼んでおくのもいいかもしれない。「S -ing V構造」という
用語と違って、この「S pp V構造」という用語は役に立つかも
しれない。「S pp V構造」、なぜこの構造に注意を払っておく
ことが大事かというと、「ppを過去形のVだと誤読するリスクがつ
きまとう危険な構造」だから(Sの直後の-edを見た段階ではVだと
暫定判断するのが当然であり、少なくとも一瞬は、ほぼだれもが
「誤読」するだろう)。

「S pp V構造」にかぎらず、「分詞というのは誤読の可能性が
常につきまとう」という認識を持っておくといいと思う。
「現在分詞は、動名詞と誤読するリスクがある」
(見た目が同じだから)
「過去分詞は、過去形の動詞と誤読するリスクがある」
(見た目が同じだから/規則変化の場合)

ついでに、下のせりふを唱えておくといいだろう。
「-ing(アイエンジー)は、動名詞か現在分詞/
-ed(イーディー)は、過去形か過去分詞」

追記

不定詞も、toがない場合は、動詞と誤読するリスクがあると言え
ばあるが、前から読みすすめている限りは「原形不定詞(toなし
不定詞)を動詞だと思い込んでしまった」という事故はあまり
おきないような気がする。ただ、注意しておくべきは、
「第3文型のhelpの後で、不定詞のtoが省略されるケース」。
help to -(-は原形動詞を表す)のtoが省略されると(書き手
の任意らしい)、<help ->となるが、
「一見動詞が2コ連続しているように見える」ので、
あらかじめ知らないときょどってしまうだろう。
私自身、受験生のころ模試を受けている時に、
<help+原形不定詞>を見てきょどったのを記憶している。
第5文型の場合は、べつにtoが省略されていようが、
ネクサスの呼吸に慣れていればどうということはない。

下の表をながめておくといいかもしれない。
3 help (to) -   「~するのを助ける」
5 help 人 (to) - 「~が~するのを助ける」
(helpの後に「人」と書いておいたが、「人」じゃないことが
あっても、なるべく怒らないでほしいと思う)
スポンサーサイト



| HOME |