FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-08<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2019-10

★ Chapter3:例文3.4.3 の巻

Such is the pleasure [you give] that you cannot come
(too...).

相関構文「such...that構文」(「so...that構文」の親戚)
が出たので、Suchとthatの下に波線を引いておこう。
あと、「cannot...too」も相関構文とみなして、波線を引いても
いいだろう。

pleasure you giveは、「NSV構造」なので、関代の省略を
考える所だけど、今回はその解釈でよさそうだ。
(省略された関代は、節内で、第3文型giveの目的語)

むかし、この英文の意味がよくわからないと質問に来る生徒さんが
けっこういた。直訳すると、「あなたがくれる喜びは、それほどのもの
(that以下ほど)なのです。あなたが<頻繁すぎるほどやってくる
(come too often)>ということがありえない(cannot)ほど。」
という具合。that節から先に訳すと(やや意訳)、
「あなたが『来すぎ(迷惑)』ということは起こり得ない、
それくらいあなたがくれる喜びは大きいです」という具合になる。
伊藤先生の訳は、主節から先に訳したもので、that節部分は意訳になっている。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

スポンサーサイト



| HOME |