FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2019-12

★ Chapter3:例文3.4.4 の巻

An incident happened (to me) (in the lake [of...] ).
I recored this... (that it may be a warning [to others] ).


thatは、後ろが完全な文なので、おそらく従接。ふつう、
従接thatは名詞節をまとめるが、この位置に名詞要素がきても
宙に浮くだけなので(「この事件に、that節を、記録した」と
第4文型で読むのは無理がある)、副詞節の可能性を考える。


つづく。


以下の回が、やっと完成。
ページの一番したの「次のページ(あるいはNEXT)」
を押してさかのぼるのが近いかも。

★ Chapter3:例文3.2.1 の巻
★ Chapter3:3.2.1の前ふりの解説文中の例文 の巻 (p.41)
★ Chapter3:例文3.1.3 の巻(これは以前に完成ずみだった)
★ Chapter3:p.38の参考コーナーの例文 の巻

なお、recent comments欄にいわゆるスパム宣伝が2件あったもよう
(クリックしてみてもそのページにはいかなかったけども)。
コメントは受け付けない設定にしているのに、
なぜそうなったのか、よくわからない。


COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用



スポンサーサイト



| HOME |