FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2018-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ Chapter4:例文4.1.6 の巻

【Whatever is to be done】, can only be done (adequately)
( by a help [of...zest] ).

「名詞節か副詞節」をまとめる複合関係詞のwhateverが文頭に来ている。
名詞節用法なら、【Whatever 節】V.  となる。
副詞節用法なら、 (Whatever 節) SV. となる。

今回は、上記の構造に展開しているので、名詞節用法だと分かる。
「節内での働き」は、「代名詞か形容詞」のどちらか。
Whateverの直後に動詞が続いているということは、Whateverが節内の主語
になるしかなく、「代名詞」として働いていると分かる。疑問詞や関係詞
の細かい品詞名は、「節内での働き」を元にして決まる(注:「何節か」
を元にしているのではない)ことになっているので、このwhateverは、
「複合関係代名詞」だということになる(もし仮に、「節内での働き」
が形容詞であったならば、「複合関係形容詞」だということになる)。

あとは、「任意」の意味あいが感じ取れるように訳出する。
「なされるべきいかなる事柄も(なされるべき事が
どんなものであるにせよ)、~の助けがあってはじめて、
満足になされうるのである」という感じだろうか。
今回は、なかなか自然な日本語にするのが難しい所。

is toのところは<be to=助動詞>という知識を思い出すところで、
「べき」の意味合いのshould相当と考えればいいと思う。

onlyは、「副詞句のby句にかかった上で、一緒に、can be doneにかかる」
と考えるのがよい。SV simply because SV.という英文におけるsimplyも
同じような呼吸で読む。「副詞が、後ろ(直後が多い)の副詞句や副詞節
にかかることがある」と捕えておくといいと思う。そして、後ろにいる
副詞句や副詞節が前方に向けてかかっていく場合には、onlyなどの副詞は、
「ピンポン修飾」と呼ぶこともできそうな修飾軌道を描くことになる
のである(いったん右方向に向かい、副詞句あるいは副詞節に合流後
たばになって、左方向にかかっていく/ピンポン玉の軌道のような曲線を
浮かべてほしい/右に行って、左にもどるのだ)。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


スポンサーサイト

| HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。