FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-09<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2019-11

★ Chapter5:例文5.4.4 の巻

People [in the...] have a wide variety of national backgrounds,
so there are bound to be...differences.

a wide variety ofは、前から読み下す「擬似形容詞句」の一種。

soは等位接続詞で、主節1と主節2を結んでいる。

主節2が、「There VS構造」。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:例文5.4.3 の巻

They say 【there is going to be a war】.

say there isは、「Vt SV構造」なので(thereを便宜上主語と見なす
ならば)、「従接thatの省略」を考える。

that節内部が、「There VS構造」。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:例文5.4.2 の巻

There was (now) revealed (to us) the gulf [between his...mine] .

「There VS構造」の例文。
伊藤先生の教え通り、「There VS構造」の英文が分かりにくい時は、
SをThereの位置に持ってきて考えるのがいいかもしれない。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:例文5.4.1 の巻

(Slowly) there grew up (through...) the belief 【that nations
should treat...(according to certain rules [of right and...] ) 】.

「There VS構造」の例文。
いわゆる「There is 構文(There be構文)」とくらべるとやや読みにくい。

the beliefとthat節は同格なので、前者にH、後者にAと書いてみてもいい。

固定的表現に下線を引きたい方はgrew upとaccording toに引いておこう。


(更新日時がいつのまにか)


COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:例文5.3.8 の巻

Things [we thought 【we wanted (most...) 】] we realize
【we dont care about】.

Things we thought は、「NSV構造」なので「関代の省略」を考える。
thought we wantedの所で、「Vt SV構造」なので「従接thatの省略」
を考える。

普通ならS [ SV【SV】] V.となるはずだが、そうならずにwe realize
が出た。よく分からないが続きを読む。realize we dont careは
「Vt SV構造」なので「従接thatの省略」を考える。前置詞aboutの目的語
がない(ように見える)ので、目的語が文頭に出た「擬似OSV構造」
だろうと考える。これで先ほど構造予想が外れた理由も分かった。

今回2箇所で従接thatが省略されているが、このこととフレーム効果
との関連については自信がない面もあるのであやふやにしておきたい。
「that節内の要素を節外へ移動したい時は、フレーム効果解除の意味も
込めて従接thatを省略する」という具合に明言していいものかどうか
自信がない。

なお、Thingsの後で省略されているのはいわゆる「連鎖関係代名詞」
(目的格の場合、そうと気付かないで読んでいる人が多いのでは
ないか、という気がする)。


(更新日時が、、、)

COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter5:例文5.3.7 の巻

What I have begun to I am...

前置詞の目的語が文頭に出た「擬似OSV構造」。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:5.3.7の前ふりの解説文中の例文 の巻

★ Chapter5:5.3.7の前ふりの解説文中の例文 の巻
This Lincoln was capable of doing. 

All these complaints he had to listen to.


準動詞や前置詞の目的語が文頭に出る形。
第3文型の倒置であるOSVとは厳密には違うけども、
目的語が文頭に出ているという点では同じだし、似たようなな感覚で読める。
「擬似OSV(構造)」とか呼ぶのもいいかもしれない。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:例文5.3.6 の巻

Some [of the things [[ he said (to me) ]] ] I shall never...,
(though I know 【that he would not now recall having said...】) .

第3文型の倒置「OSV構造」。

つづく。


COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:例文5.3.5 の巻

Those books which...

第5文型の倒置のひとつ、「OSVC構造」。

つづく。


COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:例文5.3.4 の巻

【Whether we can win...】, fate must determine; but
【that we will be worthy of...】 we may ourselves determine.

butは主節1と主節2を結んでいる。
主節1も主節2も、第3文型の倒置「OSV構造」。

ourselvesは、すでに何度もでている「副詞的 同格代名詞」
(-self, each, allなど)。

be worthy ofは固定的表現ということで、下線を引いてもいいだろう。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


« BACK | HOME | NEXT »