FC2ブログ

元予備校講師のフリーターによる『英文解釈教室』教室

『英文解釈教室』(伊藤和夫先生/研究社)の解説ブログ。当ブログはゼロから理詰めで解説を積み上げて行くスタイルではないので、英文法や英語構文の勉強をある程度以上やっている方でないと、訳がわからないかも。

2019-09<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2019-11

★ Chapter5:例文5.4.11 の巻

I do not know what I should do for relaxation were it not for...

つづく。

★ Chapter5:例文5.4.10 の巻

The Indus River serves the same function as does the Nile in...

つづく。

★ Chapter5:例文5.4.9 の巻

In large cities today...

つづく。

★ Chapter5:例文5.4.8 の巻

So hard did he study that his friends were (greatly) concerned
(at his...face) .

so...that構文の倒置。文頭にSoが出ると、主節で「疑問文型の倒置」
が起きる。全体構造を唱えて覚えてしまった方がいい。

So 副詞 v SV that SV.(ソーふくしじょどうしエスブイザットエスブイ)
So 形容詞 VS that SV.(ソーけいようしブイエスザットエスブイ)

相関的表現ということで、Soとthatに波線を引いてみてもいい。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter5:例文5.4.7 の巻

Today youth is... So it ought to be.

【<前文復唱>のSo SV構造】だが、
「おっしゃるとおりです」「そのとおりです」と訳すのは今回は
おかしい。たんなる前文の復唱ではなくought to(べき)を加えている
ので、「そうあるべきだ」と訳すことになる。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:例文5.4.6 の巻

The understanding of... So, (to take a...happening), is
our understanding [of the basis [[of nutrition]] ] .

【「もまた~だ」のSo VS構造】。

to take...の所は、不定詞の副詞用法で、「仮定(条件)」の意味合い。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:例文5.4.5 の巻

"Are you pressed for...? "  "So I am. "

【<前文復唱>のSo SV構造】。

前回同様、<前文復唱>という用語を試しに使ってみた(完全な復唱
なわけではないが、復唱的発言ではある)。<前文復唱>という
言い回しは癖があるし長いので、単に<復唱>と呼ぶのもいいだろう。
<同意><賛同>という用語でもいいだろう。好きな呼び方を使おう。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:5.4.5の前ふりの解説文中の例文 の巻

"You must go to bed..." "So I must and so must you."

So I mustの部分は、【<前文復唱>のSo SV構造】。
伊藤先生の和訳にあるように「おっしゃるとおりです」と訳すことが多い。

so must youの部分は、【「もまた~だ」のSo VS構造】。

今回の会話例文は丸暗記した方がいい("You must go..の方も合わせて)。
【<前文復唱>のSo SV構造】と【「もまた~だ」のSo VS構造】
の両方が出てくるので、学習効果が高いと思う。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用


★ Chapter5:例文5.4.4 の巻

People [in the...] have a wide variety of national backgrounds,
so there are bound to be...differences.

a wide variety ofは、前から読み下す「擬似形容詞句」の一種。

soは等位接続詞で、主節1と主節2を結んでいる。

主節2が、「There VS構造」。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

★ Chapter5:例文5.4.3 の巻

They say 【there is going to be a war】.

say there isは、「Vt SV構造」なので(thereを便宜上主語と見なす
ならば)、「従接thatの省略」を考える。

that節内部が、「There VS構造」。



COPYRIGHT(C)2005 HIYAMA SYUUSEI. ALL RIGHTS RESERVED.
ただし、英文については『英文解釈教室』(研究社)よりの引用

« BACK | HOME | NEXT »